借金の理由を把握しておく - レイク、借り方のコツ - 本人確認の方法

借金の理由を把握しておく

 

ローンには様々なものがあります。

 

教育ローンや自動車ローン、マイホームローンなどは、借入金の使途が限定されているローンです。

 

これらのローンの場合、借金の理由が当該ローンの予定しているものでないと、金融機関は融資をしてくれません。

 

なぜなら、金融業者としては、借入金の使途を限定し、借主による濫用を防止して、貸し倒れのリスクを減らそうと考えているからです。

 

つまり、借主としては、借金の理由をしっかりと把握していないと、これらの使途が制限されたローンは利用できないことになります。

 

借入金の使途が無制限のローンを、フリーローンといいます。

 

もっとも、フリーローンであるからといって、借金の理由を把握しなくてもよいというわけではありません。

 

なぜなら、融資を行うかどうかの審査の際に、借金の理由は必ず金融機関側に問われるからです。

 

借金の理由が単なる遊ぶ金欲しさであるというような無計画なものである場合、金融機関側としては、融資に消極的にならざるを得ません。

 

なぜならば、金銭の使用について無計画な者に対して融資に行うことは、金融業者にとって貸し倒れのリスクが高いといえるからです。

 

これに対して、借金の理由が明確に定まっている場合、金融業者としては安心して融資を行うことができます

 

このようにみてみると、使途が制限されているローンであれ、フリーローンであれ、借金の理由を把握しておくことが必須であることがわかります。

 

借金の理由を把握しておくことは、返済計画を立てる際にも必要です。

 

融資を受ける際は、借金の理由を必ず把握しておくことが大切です。